ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 建設部 > 都市住宅課 > 耐震診断に対する補助制度があります

本文

耐震診断に対する補助制度があります

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002231 更新日:2020年4月1日更新

あなたのお家は大丈夫ですか?

地震からあなたの家族と家を守るため“耐震診断”を受けてみませんか。

Q1.「耐震診断」って?

建築物の構造的強度を調べて、想定される地震に対する安全性(耐震性)を判断します。

柱・壁の配置状況から計算する『簡易診断』と、更に梁、屋根、床下及び周囲の状況等まで考慮した『現況診断』があります。

Q2.どんな建築物が診断できるの?

  1. 市内にある昭和56年5月31日以前に着工された、一戸建ての民間木造住宅
  2. 丸太組工法、建築基準法第38条の規定に基づく認定工法以外の工法で建築されたもの
  3. 地上階数が2階以下のもの
  4. 1~3以外の一戸建て住宅
  5. 一戸建て以外の住宅
  6. 住宅以外の建築物

Q3.耐震診断の費用はいくらかかるの?

耐震性の有無だけがわかる簡易診断は42,000円(うち40,000円補助)、Q2の1~3のうち、面積が200平方メートル以内の木造住宅にかかる現況診断(より詳細な診断)は71,200円(うち60,000円補助)です。

Q2の4の補助金は、補助対象経費(136,000円/戸以内を限度)の3分の2以内で、90,000円を限度とします。

Q2の5及び6の補助金については、個別に計算が必要となりますので、都市住宅課までお問い合わせください。

Q4.耐震診断を受けたいんだけど

都市住宅課へ申請書(診断・補助金)と添付書類を提出し、一般社団法人岡山県建築士事務所協会へ費用を入金してください。入金確認後に、建築士事務所協会から診断日の打ち合わせがあり、その後岡山県に認定された耐震診断員を派遣し、診断を実施します。

Q5.耐震診断の結果

 『現況診断』において「倒壊の危険性が大」と診断された場合、希望されればどこをどのように補強すればよいかの補強計画を、同じく建築士事務所協会が作成してくれます。

費用は延べ床面積200平方メートル以内の木造住宅で71,200円(うち60,000円補助)です。

Q6.思い切って家を改修したいんだけど

耐震診断を受け、補強が必要と診断され、どこをどのように補強すればよいかその設計(補強計画)ができあがったら、耐震のための改修工事をお勧めします。木造住宅耐震改修補助金は対象経費の23%、限度額は50万円です。なお、部分耐震改修工事についての限度額は20万円となります。

診断費用について

 現況診断・補強設計において、延べ床面積が200平方メートルを超えるものにあっては、100平方メートルに達するまでごとに9,100円を加算した額となります。(うち8,000円が補助額)

※補助予算額に達した時点で受付終了となりますので、お早めに申し込みください。
 詳しくは、都市住宅課住宅・分譲グループまでお尋ねください。

関連書類