ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 真庭市議会 > 議会の傍聴

本文

議会の傍聴

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0020581 更新日:2021年10月12日更新

本会議及び委員会は、原則として一般に公開しており、どなたでも傍聴することができます。
議会では、市の予算、決算、条例制定をはじめ、市民の皆さんの生活に関わりのあることが議論されています。
また、ご自身が選ばれた議員が、どのような活動をしているのかを目の前で見ることができるなど、議会活動に触れる最も身近な機会でもあります。
なお、本会議の様子は真庭いきいきテレビで生中継されており、議員の発言の際、傍聴席が生中継に映り込む場合がありますが、ご了承ください。

傍聴の手続き

傍聴を希望される方は、4階エレベーターホールの受付に置いてある傍聴者名簿に必要事項を記入し、入場してください。
傍聴席は、議場15席、委員会室・会議室5席を用意しています。
※新型コロナウイルス感染症対策で席の間隔を空けるため、議場の傍聴席を30席から15席に、委員会室・会議室の傍聴席を5席にそれぞれ制限しています。

※入室できない方については、4階エレベーターホールのモニターで本会議等の様子が視聴できます。

傍聴席

モニター

手話通訳による本会議等の傍聴ができます

議会では、議会基本条例に基づく、市民の皆さんが参画しやすい開かれた議会を目指した取り組みの一環として、聴覚に障がいのある方に本会議等を傍聴していただけるよう、傍聴席において手話通訳を行います。
手話通訳を希望される方は、傍聴予定日の5日前(土・日・祝日を除く。)までに手話通訳申込書兼変更・取下届出書に必要事項を記入の上、議会事務局へファクシミリ、電話、電子メール等で提出してください。
また、希望日時等の変更、申請の取り下げをする場合は、その旨を手話通訳申込書兼変更・取下届出書にて届け出ください。
なお、手話通訳者および会場の都合により、お受けできない場合もあります。
詳細につきましては、議会事務局までご相談ください。

真庭市議会本会議等の傍聴における手話通訳申請書 [PDFファイル/36KB]

磁気ループ補聴システム受信機を貸し出します

傍聴される方で補聴器・人工内耳を装用されている方に、音声がはっきり聞こえるよう、磁気ループ補聴システム受信機を貸し出します。受信機の貸し出しを希望される方は、議会事務局にお申し出ください。

※磁気ループ補聴システム受信機は2台あります。

受信機

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お知らせ

概要

議員紹介

議会改革

会議録

議会広報紙

SNS

請願陳情

情報公開

行政視察

傍聴