ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 産業観光部 > 産業政策課 > 企業インターンシップ奨励事業補助金

本文

企業インターンシップ奨励事業補助金

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002152 更新日:2019年12月12日更新

市内事業者の人材確保を応援します!

大学生等のインターンシップ(就労体験)の受入れを行う市内事業者に対し、受入経費を補助します。

補助対象者

 次の要件をすべて満たす真庭市内の事業者(中小企業者・大企業・商工業団体・農林漁業団体・観光振興団体など)が対象となります。

  1. 大学生等を受け入れるインターンシップであること。
  2. 受入れに係る経費の一部または全部を負担するものであること。
  3. 真庭市内の事業所で実施するものであること。
  4. 市内事業者と大学生等に雇用関係がないこと。
  5. 市税を滞納していないこと。

※大学生等とは、大学、高等専門学校、短期大学及び専修学校に在籍する者をいいます。

補助対象経費

  1. 交通費
  2. 宿泊費
  3. その他市長が認める経費(保険料、教材料、リース料など)

補助金額

 大学生等1人につき1日当たり5,000円に受入日数を乗じて得た額と補助対象経費の1/2を比較していずれか少ない方の額。ただし、1市内事業者1年度当たり100,000円を限度。(1,000円未満切捨て)

申請方法

 次の書類を産業政策課に提出してください。

  • インターンシップ実施前(10日前まで)に提出していただくもの
    1. 企業インターンシップ奨励事業補助金交付申請書(様式第1号)
    2. 企業インターンシップ奨励事業補助金事業計画書(様式第2号)
    3. 市税の完納証明書(3カ月以内に発行されたもの)
  • インターンシップ終了後(30日以内または3月31日のいずれか早い日)に提出していただくもの
    1. 企業インターンシップ奨励事業補助金実績報告書(様式第7号)
    2. 補助対象経費を負担したことが分かる書類
    3. 事業を実施したことが分かる写真
    4. 受け入れた大学生等を証する書類
    5. 実習日ごとの実習内容が分かる書類(行程表、実習プログラムなど)
      ※必要に応じてその他の書類をお願いすることがあります。

実績報告後、補助金の確定通知を行いますので、企業インターンシップ奨励事業補助金交付請求書(様式第9号)により、補助金の請求を行ってください。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)