ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 子育て・教育 > スポーツ・文化・芸術 > 文化・芸術 > 旧遷喬尋常小学校校舎保存活用計画検討委員会

本文

旧遷喬尋常小学校校舎保存活用計画検討委員会

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0060687 更新日:2022年8月9日更新

旧遷喬尋常小学校校舎外観

国指定重要文化財である「旧遷喬尋常小学校校舎」について、令和4年3月に策定した「重要文化財旧遷喬尋常小学校校舎整備・活用基本構想」の基本方針に基づいた保存修理、活用整備を進めるため、耐震対策や防火・防犯対策など保存の観点、また、バリアフリーや、教育・観光の拠点など活用の観点について、様々な分野の専門家の知見を得ながら保存活用計画を策定するため、令和4年3月31日に真庭市旧遷喬尋常小学校校舎保存活用計画検討委員会を設置しました。今後2か年かけて保存活用計画を策定していきます。

検討委員会の会議概要・会議資料

第1回【開催日時:令和4年7月8日(金曜日)14時00分~16時45分】

 会議の様子

 ・会議概要 [PDFファイル/188KB]

 ・会議資料 [PDFファイル/5.54MB]

名簿

 ・旧遷喬尋常小学校校舎保存活用計画検討委員会 委員名簿 [PDFファイル/61KB] 

その他

 ・重要文化財旧遷喬尋常小学校校舎整備・活用基本構想

 ・重要文化財旧遷喬尋常小学校ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)