ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 埋蔵文化財の所在照会について

本文

埋蔵文化財の所在照会について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002773 更新日:2019年12月12日更新

土木工事等を計画する際は、教育委員会にご確認ください

市内で土地の掘削等を伴う工事を計画する場合は、なるべく早い時期に、予定地内での埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の有無やその取扱いを教育委員会にご確認ください。

下記の関連書類【埋蔵文化財包蔵地確認依頼書】に必要事項を記載のうえ、教育委員会生涯学習課へご提出ください。

教育委員会では、これまでに蓄積された遺跡情報や必要に応じて予備調査を実施し、埋蔵文化財包蔵地の有無について回答します。照会の結果、計画地が埋蔵文化財包蔵地に該当する場合、文化財保護法に基づいて届出等を⾏う必要があります。

なお、周知の埋蔵文化財包蔵地は、岡山県のホームページ「おかやま全県統合型GIS」内の文化財情報「埋蔵文化財(遺跡)」でも検索できますが、掲載されていない新たな遺跡等もありますので、工事計画の際、最新の情報が必要な場合は教育委員会まで問合わせください。

関連リンク

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)