ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総合政策部 > 秘書広報課 > 一部の地域で700MHz利用推進協会によるテレビ受信障害対策が行われます

本文

一部の地域で700MHz利用推進協会によるテレビ受信障害対策が行われます

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001214 更新日:2019年12月12日更新

一部の地域でテレビ受信対策工事が行われます

 市内の一部地域において一般社団法人700MHz利用推進協会(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社の4社で設立)によるテレビ受信障害対策工事が実施されます。

 この工事は携帯電話事業者が新たに700MHz帯の周波数を用いた携帯電話の運用を行う際、電波がテレビアンテナで受信され、地上デジタル放送の「映像が乱れる」、「映らなくなる」などの影響が発生する恐れがあるために実施されるものです。
 なお、真庭いきいきテレビに加入されている方は、影響はありません。

テレビ受信障害対策とは

 一般社団法人700MHz利用推進協会が対策が必要と思われる地域において、(1)事前対策工事、(2)デマンド対策の2つの対策を行います。

(1)事前対策

 事前対策工事が必要と思われるな家庭には事前工事のお知らせチラシが届き、作業員が訪問し、調査と対策工事が行われます。

(2)デマンド対策

 テレビに影響が生じる恐れのある地域のご家庭に携帯電話の試験電波発射の2週間前と1週間前にデマンド対策用のチラシが届きます。
 試験電波の影響で、テレビ映像に影響が生じた場合、無償で回復作業が行われますので、700MHzテレビ受信対策コールセンターにお問い合わせください。

費用は700MHz利用推進協会が負担します。

 この件に関する費用は、700MHz利用推進協会が負担します。工事作業者が費用を請求することは一切ありません。
 訪問する工事作業者は「テレビ受信障害対策員証」を携行しています。不審に思われた場合は提示を求め、お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ

700Mhz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター

電話番号

0120-700-012

受付時間

9時00分から22時00分(土日祝日及び年末年始を含む)

IP電話等で上記の電話番号につながらない場合

050-3786-0700

関連リンク

一般社団法人700MHz利用推進協会ホームページ<外部リンク>

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)