ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 健康推進課 > 令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種の助成対象者について

本文

令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種の助成対象者について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001988 更新日:2020年6月10日更新

令和2年度の助成対象者をお知らせします

 真庭市では、高齢者肺炎球菌予防接種費用の一部を助成しており、令和2年度の助成対象者は下記のとおりです。
 接種前に必ず、健康推進課・各振興局地域振興課の窓口で接種券の交付を受けてください。(接種後の申請はできません)
 岡山県内の医療機関で接種できます。必ず事前に予約をしてください。

令和2年度の助成の対象者

 接種日において真庭市に住民登録があり、以下の(1)か(2)のいずれかに該当する方で、過去に一度も肺炎球菌ワクチンを受けたことがない方が対象になります。(過去に自費で接種された方も対象外となります)
 なお、令和2年度の助成は、令和3年3月31日(水曜日)までが接種期間です。この日を過ぎると全額自己負担になりますのでご注意ください。

  1. 令和2年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方
    • 65歳となる方 昭和30年4月2日生~昭和31年4月1日生
    • 70歳となる方 昭和25年4月2日生~昭和26年4月1日生
    • 75歳となる方 昭和20年4月2日生~昭和21年4月1日生
    • 80歳となる方 昭和15年4月2日生~昭和16年4月1日生
    • 85歳となる方 昭和10年4月2日生~昭和11年4月1日生
    • 90歳となる方 昭和5年4月2日生~昭和6年4月1日生
    • 95歳となる方 大正14年4月2日生~大正15年4月1日生
    • 100歳となる方 大正9年4月2日生~大正10年4月1日生
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方

自己負担額:4,846円を医療機関にてお支払いください。

接種費用8,283円のうち、3,437円を公費で負担しています。

接種券の発行に必要なもの

 (健康推進課・各振興局地域振興課窓口で申請してください)

  • 申請者ご本人を確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)
  • 印鑑