ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 市長直轄組織 > 危機管理課 > 令和6年能登半島地震に伴う災害派遣等従事車両証明書について

本文

令和6年能登半島地震に伴う災害派遣等従事車両証明書について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0082086 更新日:2024年2月2日更新

被災救助のために使用する車両の取扱い

令和6年能登半島地震による災害救助・救援等を行う車両であることを示す証明書(災害派遣等従事車両証明書)の提示がある場合には、高速道路等の有料道路の通行料金が無料となります。

対象期間

令和6年3月31日(日曜日)まで

対象車両

自治体等が災害救援のために使用する車両

災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

無料措置の実施区間

東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社及び各地方道路公社のそれぞれが管轄する区間(一部調整中を含む)

※証明書の適用区間は、上記の区間のうち出発地点から被災地の最寄ICまでとする。

(証明書記載以外のICでの途中下車は無効)

申請方法

真庭市役所本庁舎3階 危機管理課で災害派遣等従事車両証明書を発行しています。

受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日除く)

手続きに必要なものは以下のとおりです。

災害派遣等従事車両証明の申請書

被災した自治体等が要請・受入承諾したことがわかる書類

運転者の運転免許証(写し)

※証明書は料金を精算する料金所ごとに必要となるため、事前に走行ルートをご確認ください。

申請書 [Wordファイル/20KB]

記載例 [Wordファイル/21KB]

 


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?