ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 市長直轄組織 > 危機管理課 > 真庭市業務継続計画【BCP】の策定

本文

真庭市業務継続計画【BCP】の策定

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001012 更新日:2019年12月12日更新

大規模災害時の市役所業務継続計画

 『真庭市業務継続計画(BCP)』を策定しました。
この計画は、甚大な災害が起こったときに、優先する業務を定め、復旧の時間短縮等を目指すものです。

 既存の真庭市地域防災計画には、市役所庁舎や職員の被災による業務の制約を想定していません。過去の大災害では、こうした制約に対処できる計画の策定が重要であると、教えてくれています。
 真庭市業務継続計画(BCP)では、非常時にどのような体制で、どのような業務を優先して行うべきかを明確化しました。これにより少しでも早く業務に着手し、そして被害の拡大を防ぐことができるよう準備しています。
 本編の『概要版』と『本編』を関連書類へ掲載していますので、ぜひご覧になってください。
 また、市役所危機管理課でもご覧になれます。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)