ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 生活環境部 > 市民課 > 死亡したとき(死亡届)

本文

死亡したとき(死亡届)

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001661 更新日:2019年12月12日更新

死亡の届出は市民課または各振興局窓口へ

死亡の届出は市民課・各振興局地域振興課市民サービス窓口へ届け出てください。

※休日・夜間は、宿日直が受付を行います。

  • 宿直(本庁舎のみ)
     午後5時15分~翌日の午前8時30分
  • 日直(本庁舎及び各振興局庁舎)
     閉庁日の午前8時30分~午後5時15分
  • 死亡届(家族が死亡したとき)
    • 届ける人
      1. 親族
      2. 同居者
      3. 家主
      4. 地主
      5. 家屋管理人
      6. 土地管理人
      7. 後見人(保佐人・補助人)
      8. 公設所の長
    • 届出期間
       届出人が死亡の事実を知った日から7日以内。
    • 届出地
       死亡地・死亡者の本籍地・届出人の所在地のいずれか。
    • 必要なもの
      1. 死亡届書(病院から発行された死亡診断書または死体検案書添付)
      2. 印鑑(届出人(親族等)の印鑑)
        ※真庭市の火葬場をご利用いただく場合には、使用料が必要となりますので、予めご確認ください。
  • 戸籍は、個人の出生から死亡までの身分関係を登録し、これを公証する大切なものです。必ず届出をしてください。