ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 消防本部 > 消防本部警防課 > まちかど救急ステーション制度について

本文

まちかど救急ステーション制度について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002378 更新日:2020年6月29日更新

まちかど救急ステーション制度にご協力ください

*「まちかど救急ステーション制度」事業所等認定ステッカー

「まちかど救急ステーション制度」事業所等認定ステッカーの画像

 真庭市消防本部では、平成27年4月から「まちかど救急ステーション制度」を開始しています。
 救急車の要請時に必要があれば、美作地区消防指令センターから最寄りのAED設置場所をお知らせしています。呼吸が止まってしまった、もしくは普段どおりの呼吸をしていない方を発見した場合は、119番通報を行うとともに、胸骨圧迫や人工呼吸を開始し、近くに「まちかど救急ステーション」がある場合には、そのAEDを活用して下さい。一人でも多くの命を助けるため、本制度へのご理解とご協力をよろしくお願いします。

制度の内容

 まちかど救急ステーション制度では、AED(心電図を自動解析して電気ショックを行う機器)が設置されている事業所等を対象に「まちかど救急ステーション」として認定します。そして、市民が不慮の事故や急病によって、呼吸・脈が停止する重篤な状態になった場合、すぐ近くにある「まちかど救急ステーション」のAEDを使って、電気ショックと心肺蘇生を救急車が到着するまで行うことで、1人でも多くの市民の命を守ることができる体制を推進しています。

協力依頼の要件

  まちかど救急ステーションの協力依頼は、

  1. AEDが常時使える状態で設置してあること。
  2. 営業時間または公開時間中に、AEDを活用した心肺蘇生処置が行えるよう、AEDを提供できること。

以上の要件を満たす事業所等に対して、本制度の主旨に同意をして頂き協力をお願いしております。
*同意書に必要事項を記入し、真庭市消防本部・警防課まで提出をお願いします。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)