ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 消防本部 > 消防本部予防課 > ガソリンの容器への詰め替え販売について

本文

ガソリンの容器への詰め替え販売について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0021716 更新日:2020年3月2日更新
令和元年7月に京都市伏見区で発生した爆発火災を受け、同様の事案の発生を抑制するため、危険物の規制に関する規制の一部を改正する省令(令和元年総務省令第67号)が公布されました。この改正により、ガソリンを販売するため容器に詰め替えるときは、顧客の本人確認、使用目的の確認及び販売記録の作成が義務付けられました。(令和2年2月1日施行)

ガソリンスタンドの事業者の皆さんへ

1.本人確認(運転免許証等の提示)

2.使用目的の確認

3.販売記録を作成すること

ガソリンを携行缶で購入される皆さんへ

1.本人確認(運転免許証等の提示)

2.使用目的の確認

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)