ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 教育委員会 蒜山郷土博物館

本文

教育委員会 蒜山郷土博物館

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002701 更新日:2019年12月12日更新
住所 〒717-0505 岡山県真庭市蒜山上長田1694
電話番号 0867-66-4667
ファックス 0867-66-4667
メールアドレス hiruzen-mus@city.maniwa.lg.jp
営業時間 9時00分~17時00分 入館は16時30分まで
閉館日 月曜日休館(月曜が祝日の場合翌開館日)

蒜山地域の歴史と文化をわかりやすく理解するための拠点施設です。

蒜山郷土博物館パンフレットの画像

蒜山郷土博物館パンフレット[その他のファイル/581KB]

四ツ塚古墳や大宮踊、蒜山独特の生活文化などについて展示しています。また随時、企画展、講演会、一般参加型行事を開催しています。雨天時、外での蒜山観光がしにくい際のスポットとしても人気があります。団体見学も歓迎です。

蒜山郷土博物館(玄関)の画像

蒜山郷土博物館(玄関)[その他のファイル/297KB]

ロビー(蒜山郷土博物館)の画像

ロビー(蒜山郷土博物館)[その他のファイル/297KB]

第1展示室(蒜山郷土博物館)の画像

第1展示室(蒜山郷土博物館)[その他のファイル/297KB]

第1展示室「蒜山の古代」では、博物館に隣接している四ツ塚古墳(国指定史跡)出土の埴輪や鏡・櫛・鉄製馬具など、貴重な資料を数多く現物展示しています。また、埋葬状態がわかる精巧な復元模型も設置しています。蒜山地域で多く見られる旧石器時代の遺物を数多く展示していることも特長です。

第2展示室「蒜山の自然と文化」では、中世・風流踊の名残を色濃く伝える大宮踊(国重要無形民俗文化財)を紹介しています。特徴的な唄や踊りの所作を映像でわかりやすく理解でき、踊りの際に使用する灯籠や紙細工(シリゲ)も併せて展示しています。雪深く冬が長い蒜山地域の人びとが、自然と向き合う中で工夫を重ね、作り上げた貴重な民俗資料の数々も展示しています。

そのほか、ロビーからは名峰・下蒜山の雄大な姿や街道の松並木、蒜山地域独特の黒土耕地なども見ることができ、室内からも蒜山の大自然を体感することができます。また、博物館の隣には四ツ塚古墳や竪穴住居(復元)もあり、内外で一体的に歴史を感じることができます。

第2展示室・シリゲ(蒜山郷土博物館)の画像

第2展示室・シリゲ(蒜山郷土博物館)[その他のファイル/214KB]

第2展示室・大宮踊(蒜山郷土博物館)の画像

第2展示室・大宮踊(蒜山郷土博物館)[その他のファイル/229KB]

第2展示室・正月飾り(蒜山郷土博物館)の画像

第2展示室・正月飾り(蒜山郷土博物館)[その他のファイル/319KB]

案内マップの画像

案内マップ[その他のファイル/267KB]

蒜山郷土博物館 入館料

  個人 団体(20名以上)
一般(高校生以上) 300円 2割引き(240円)
中学生以下 無料 無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。
その他の免除についてはお問い合わせください。