ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 建設部 > 建設課 > 市道の改良や新設の基準や要望方法等を紹介します

本文

市道の改良や新設の基準や要望方法等を紹介します

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0002216 更新日:2019年12月12日更新

市道改良の優先順位を明確化しました

市民の皆さんから要望があった市道改良や新設について、事業着手の優先順位を付けるための基準を明確化しました。評価の透明性を高め、客観的に優先度を見極めることで、より一層公平で効率的な道路整備を進めます。

  • 市道改良(※)・新設評価基準の対象事業
    自治会などから要望があった事業で、改良・新設後の道路幅員が4m以上となるもの。(ただし、緊急的な修繕、小規模な修繕及び岡山県所管の道路事業は除く。)
  • 評価の主な項目
    交通量、事故発生頻度、道路の見通し、地域バランスなど

※改良とは、事業実施前から道路延長または面積が増加する事業です

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)