ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 産業観光部 > 農業振興課 > 農地パトロール(農地利用状況調査)のお知らせ

本文

農地パトロール(農地利用状況調査)のお知らせ

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0044671 更新日:2021年6月20日更新

農業委員会が農地の利用状況を現地調査します

 農地法により農業委員会は、年一回農地の利用状況を調査しなければならないと規定されており、真庭市農業委員会では、毎年市内全域の農地を対象に、遊休農地の実態把握と発生防止・解消を目的に農地パトロール(農地利用状況調査)を実施しています。

 今年の調査期間は、6月下旬から10月末までで、地域の農業委員や農地利用最適化推進委員が農地を見回り、農地の利用状況を確認します。状況確認のため、調査員証を携帯し農地に立ち入ることがあります。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

※1年以上耕作されておらず、かつ、今後も耕作される見込みがない農地や、周辺地域の農地と比較して、利用の程度が著しく劣っている農地のことです。