ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 建設部 > 上下水道課 > 真庭市汚水処理施設整備構想

本文

真庭市汚水処理施設整備構想

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0055519 更新日:2022年4月1日更新
公共下水道や農業集落排水施設、浄化槽などの家庭や事業所から発生する汚水を処理する施設を「汚水処理施設」と呼んでいます。
「真庭市汚水処理施設整備構想」とは、市内すべての地域で汚水処理施設を効率的かつ、地域特性に応じた適正な整備手法を選定するための基本方針を示すものです。

真庭市では、人口減少社会を迎え、近年の社会情勢・経済情勢の変化など汚水処理施設整備を取り巻く環境が非常に厳しい状況のなか、国の下水道事業の大幅な見直し基準に基づき、平成26年度に「真庭市汚水処理施設整備構想」を見直しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?