ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 生活環境部 > くらし安全課 > 地域公共交通確保維持改善事業に係る事業評価

本文

地域公共交通確保維持改善事業に係る事業評価

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001769 更新日:2019年12月12日更新

まにわくんの幹線運行に対する評価を実施しました。

地域公共交通確保維持改善事業の事業評価は、生活交通ネットワーク計画に位置付けられた補助対象事業について、事業の実施状況の確認、目標達成状況等の評価を行うことによって、補助対象事業がより効果的、効率的に推進されることを目的とするものです。

真庭市が行うコミュニティバス路線のうち、蒜山久世ルート、新庄久世ルート、北房久世ルートの3つの幹線は地域公共交通確保維持改善事業として国による支援(補助金)を受けて運行をしています。
この事業については実施要領により、事業の実施状況の確認・評価を行うことになっており、平成30年度の事業評価(自己評価)を行いましたので公表します。

※事業評価結果については、関連書類をご参照ください。

関連書類

平成30年度 地域公共交通確保維持改善事業事業評価書[PDFファイル/1.46MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)