ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 湯原温泉病院 > リハビリテーション科

本文

リハビリテーション科

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0083198 更新日:2024年3月29日更新

リハビリテーション医療は病気やケガでいろいろな障害を持った人々に対して、その障害を可能な限り回復させ、残された能力を最大限に高めて、身体的・精神的・社会的に生きがいのある生活を送れるように援助します。

当院リハビリテーションセンターには、理学療法室(300平方メートル)・作業療法室(100平方メートル)・水治療室(長さ20mの温水プール・ジャグジー浴槽・サウナ)屋外歩行訓練用のリハビリテーション庭園等があり、3種類の施設基準(脳血管疾患リハビリテーション2・運動器疾患リハビリテーション1・呼吸器疾患リハビリテーション1)のもと、急性期・回復期・維持期のリハビリテーションに対応しています。
対象疾患は、脳卒中・脳外傷・脊髄損傷・パーキンソン病・関節リウマチ・末梢神経損傷・骨折や外傷・変形性関節症・肩関節周囲炎・腰痛・脊椎や関節の手術後・肺気腫などの慢性呼吸不全の急性増悪・肺炎等幅広く、患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、明るい雰囲気の中で患者様一人一人の症状や機能に合わせて治療や訓練を行っています。
また、一人でも多くの方に住み慣れた地域で安心して生活していただくために、地域連携を図りながら、退院前訪問指導や訪問リハビリテーションを行い、生活環境の整備や介護についてのアドバイス等の在宅支援を行っています。​


外来・リハビリ
入院・面会
病院からのお知らせ

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?