ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 小学校・中学校 > 北房中学校 > 3年生 映画鑑賞教育

本文

3年生 映画鑑賞教育

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0050458 更新日:2021年11月12日更新
11月11日、3年生は真庭市役所スポーツ文化振興課主催の「多様な文化交流事業」として映画鑑賞教育を実施しました。
映画
映画教育の目的として、グローバル化のなか多様な文化や表現方法について学ぶことを通して、他者理解の向上を目指しています。鑑賞した映画は「パリ猫ディノの夜」というアニメーション映画です。
監督
 今回も市内在住の山崎樹一郎さんを講師に迎え、映画視聴の前後に説明・解説していただきました。その後フランスとオンラインで接続し、ブランディ・ボビィ(映画教育講師)さんから授業を受けました。
フランス講師
生徒の振り返りからは
・たくさんの人が関わり1つの映画ができていることに感心した。
・日本のアニメ映画とは違っていたけど、音楽や声優さんの感情のこめ方がすごく細かく工夫されていた。
・ポスターは同じ映画でも絵や文字によって与える印象が変わってくるんだなと思った。
・1つの映画にはたくさんの1枚の絵をつなげてつくられていて、映画を作ることはとても大変なことだということを実感した。
などの感想が見られました。