ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総務部 > 債権回収対策課 > 真庭市市税等滞納整理対策基本方針

本文

真庭市市税等滞納整理対策基本方針

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001547 更新日:2020年9月7日更新

真庭市市税等滞納整理対策基本方針に係る目標数値の更新について

 『真庭市市税等滞納整理対策基本方針』に係る『目標数値』を更新しました。

 真庭市は、市税や使用料等の滞納額が累積している状況を解決するため、平成20年11月に「真庭市市税等滞納整理対策本部」を設置し、翌年10月には収納率向上対策の指針となる「真庭市市税等滞納整理対策基本方針」(以下「基本方針」という。)を策定するとともに、個別債権の収納目標数値を設定し、全庁をあげて滞納額の削減に向けて取り組んできました。
 また、平成25年4月には、市の債権に対する統一的な管理基準の整備と債権管理の適正化を目的にした「真庭市債権管理条例」を施行するとともに、債権回収の専門組織として債権回収対策課を立ち上げ、滞納整理の強化と充実を図ってきました。
 これらの取組により、それまで増加を続けていた市の滞納繰越額は、平成23年度から減少に転じ、とりわけ市税の滞納整理は、滞納処分を中心とした取組に移行して徴収の強化を図ったことにより、大きな成果をあげています。
 こうした現状を踏まえ、これまで築いてきた組織体制や条例制定等の収納環境を収納率向上対策に活かすとともに、今後の社会環境の変化も見据え、このたび取組方針に係る目標数値を更新しました。

 『真庭市市税等滞納整理対策基本方針』及び『滞納整理対策具体的取組方針<別紙1>』(目標数値)は、添付ファイルのとおりです。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)