ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 消防本部 > 消防本部予防課 > 消防設備士試験の実施について

本文

消防設備士試験の実施について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0030688 更新日:2020年6月22日更新

消防設備士試験のご案内

 劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等または特殊消防用設備等の設置が消防法令により義務づけられており、それらの工事、整備等を行うには、消防設備士の資格が必要です。

令和2年度消防設備士試験

  • 《消防設備士の業務》
     甲種消防設備士は、消防用設備等または特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができます。工事、整備、点検のできる消防用設備等は、免状に記載されている種類になります。
    《試験の種類》
    (1)甲種消防設備士試験(特類、1類~5類)
    (2)乙類消防設備士試験(1類~7類)
    《申請方法》
     受験の申請方法は、書面による書面申請と、インターネットによる電子申請の2通りがあります。
     書面申請と電子申請では、受付期間が異なるのでご注意ください。
     詳しくは、下記の関連リンク「一般財団法人消防試験研究センター」でご覧いただけます。
     受験願書は、消防本部予防課または最寄りの各分署に置いてあります。

ご案内

お問合わせ先

(一財)消防試験研究センター 岡山県支部

電話番号

086-227-1530

Fax番号

086-227-1533

[試験日]
令和2年8月30日(日曜日)

[試験の実施場所]
岡山商科大学

[その他]
受験願書の受付は(一財)消防試験研究センター岡山県支部のみで行い、持ってくる、郵送のいずれでも結構です。消防署では受付できません。

申請方法及び期間

書面申請

電子申請

6月29日(月曜日)から7月9日(木曜日)まで

6月26日(金曜日)から7月6日(月曜日)まで

関連リンク