ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 高校魅力化推進シンポジウムを開催します

本文

高校魅力化推進シンポジウムを開催します

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0046863 更新日:2021年8月20日更新

まにわの高校が変わります

中学生のみなさん、その保護者のみなさん、そして地域のみなさん、令和4年度から真庭市の2つの高校が変わります。

変化の中で欠かせないのは、「高校生ひとりひとり」の存在です。
未来を生きていく高校生たちに、なにを提供できるのか。高校生たちにとって今、何が必要なのか。高校、地域、保護者、そして受験をひかえる中学生が、それぞれの描く未来をともに考えるときが来ました。
このシンポジウムでは、中学生の保護者、高校、地域事業者がそれぞれの立場でまにわの高校のあり方について議論をします。
ぜひ、ご参加ください。

中学生のみなさんへ
私たちは、いつもあなたを応援しています。
これからどんな社会になるのか、時代になるのか、だれにもわかりません。
でも、あなたたち一人ひとりの人生が、真庭市にとっては大切であることは変わることはありません。
みなさんが、自分らしく社会の中で生きていくよう、小学校や中学校での学習を応援してきました。そして、これから高校での学習も応援していきます。
これは、真庭市の大人にとってほとんど経験していないことです。どんなことができるかこれから考えていきます。中学生のみなさんにも一緒に考えてもらい、力を貸してもらうことが必要です。これから、「みなさんの高校」を一緒に作っていきましょう。

保護者と地域のみなさんへ
真庭の子どもは、このまちの未来そのものです。
少子高齢化の中で、地域を持続可能にするためには、「ひとづくり」への環境整備は欠かせません。子どもたちの中には、将来、地域を担う若者、世界に羽ばたく若者だけでなく、この町やどこかで自分らしく生きる若者や、周りの人と会話しながら日々の生活をおくる若者、子育てをしながら次の世代を育てる若者、仕事をしながら社会の一員となる若者にもなります。そういう子どもたちを応援し育むことは、学校だけでできるものではなく、地域全体の責務だと考えています。高校が再編される今、市内の県立高校でも地域の力を必要としています。子どもの人生を応援するために、本シンポジウムを契機として地域の大人になにができるのか一緒に考えてください。
高校魅力化推進シンポジウムチラシ

Youtubelive配信について

 緊急事態宣言の発表に伴い、シンポジウムをYoutubeliveで配信することになりました。
 参加方法は、下記URLからアクセスするか、QRコードを読み取ってください。

 ※なお、予定どおり会場での開催もありますので、ぜひご参加ください。
QRコード

日時

令和3年8月28日(土曜日) 18時00分~20時00分

会場

勝山文化センター ポンテホール

詳細

基調講演
演題:「まにわで育てる」
講師:岡山県教育庁高校教育課高校魅力化推進室
   室長  室 貴由輝 氏

市内高校P R
・勝山高校
社会のさまざまな課題について理解を深め、持続発展可能な社会の実現に役立てる人材の育成を図ります。
・真庭高校
地域との連携を深め、地域資源を活用した学習を展開し、地域に貢献できる人材の育成を図ります。


パネルディスカッション
「行きたい」「行かせたい」「活かしたい」高校とは

パネリスト
・秋田 智恵子 久世中学校PTA
・稲田 一憲  勝山中学校PTA
・香川 英之  岡山県立勝山高等学校(勝山校地)指導教諭
・中村 妃佐子 株式会社Happyfarmplus R 取締役
・三村 公一  真庭市立落合中学校校長
・宮坂 淳司  岡山県立真庭高等学校(久世校地)主幹教諭
・室  貴由輝 岡山県教育庁高校教育課高校魅力化推進室 室長

ファシリテーター
大岩 功 郷育魅力化コーディネーター

総合司会
吉野 奈保子 郷育魅力化コーディネーター

入場料:無料

※入場時にスマートフォンでQRコードを読み取っていただき、検温や健康状態の確認をします。
 お持ちの端末がQRコードを読み取れない場合は、紙に記入していただきます。

新型コロナウイルス感染予防にご協力ください

新型コロナウイルス感染予防のため、マスクの着用、手指の消毒、間隔をあけて座るなど、ご協力をお願いします。

問い合わせ

真庭市教育委員会
 教育総務課 担当:淺野
 Tel 0867-42-1085

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?