ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 教育委員会 > 教育総務課 > 教育委員会経営目標

本文

教育委員会経営目標

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0044492 更新日:2021年6月11日更新

令和3年度 部局経営目標【教育委員会】

(1)部局の役割・使命(ミッション)・経営方針

平成31年度 部局経営目標【教育委員会】の画像1平成31年度 部局経営目標【教育委員会】の画像2

1.未来を担う子どもたちの育成【No.4:質の高い教育をみんなに】
地域、学校、社会教育施設、図書館、文化施設、スポーツ施設等さまざまな教育環境において子どもの長所を公正に評価し、伸ばし、それぞれの役割の明示とそれらを横断的な連携に導き、包括的な教育環境を作ることが重要です。より強靱な地域の将来を担う子どもを育てるため、これら教育環境において最大限、潜在能力を引き出す取組を推進します。

2.一人ひとりの可能性を広げる【No.4:質の高い教育をみんなに】
それぞれの価値観を互いに認めあい、市民の誰もが自らの可能性を十分に引き出し伸ばすためには、多彩で豊かな教育を受けることが必要です。それを困難にしている様々な要因を解消し、大切な人権である「教育を受ける権利」を保障するために最大限の支援と真庭で学べる選択の幅を広げます。

3.真庭を愛する「ひと」をつくる【No.11:住み続けられるまちづくりを】
真庭市の暮らし方や価値を認識する土台となるのは、真庭市を知ることです。地域のつながりを生かして地域文化を誇りをもって伝承しながら、市外からの評価を正確に受け止める知識と態度を養い、地域も人も成長するよう支援していきます。

4.教育を地域で支える仕組みをつくる【No.11:住み続けられるまちづくりを】
安全安心な地域は、それぞれが認めあい関わりあうことによって支えられ、より高まっていきます。世代を超えて互いを応援する教育を、教育施設の在り方も含めて真庭市で実現することで、地域の持続可能性を高めていきます。

5.くらしの中にある豊かさを感じる心と体を育む【No.3:すべての人に健康と福祉を】
市民の感受性と知性を涵養するための情報や機会・交流の場、さらに健やかな人生を暮らすための「健康づくり」に自ら取り組む環境を創出・提供し、多彩な豊かさや幸せを実感する人を増やします。

6.教育施設における衛生環境の向上【No.4:質の高い教育をみんなに】
家庭環境や社会における公衆衛生意識の向上等、時代の変化に対応した衛生環境を学校現場にも創出・提供することで、子どもの公衆衛生意識を育んでいきます。

関連書類

令和3年度部局経営目標【教育委員会】 [PDFファイル/276KB]

令和2年度部局経営目標達成状況【教育委員会】 [PDFファイル/242KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)