ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 建設部 > 下水道課 > GREENable HIRUZENに『デザインマンホール』を設置

本文

GREENable HIRUZENに『デザインマンホール』を設置

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0045771 更新日:2021年7月16日更新
真庭市では、GREENable HIRUZENのオープン(2021年7月15日)に合わせ、施設入口付近に設置された下水道マンホールふたを新たなデザインのものに新調しました。
マンホールのデザインは、GREENable HIRUZENの建築に深く関わられている隈研吾氏の協力によるもので、パビリオン棟『風の葉」内にも展示しています。
このデザインマンホールの設置を機に、サステナブルな暮らしの在り方や水の循環を支える下水道への関心を深めていただくきっかけとなれば幸いです。

デザイン

デザインマンホール

デザインの由来

マンホールふたにデザインされているシンボリックな建築物は、東京・晴海に建てられた建築家・隈研吾氏の建築作品を、真庭市蒜山地域の観光・文化の発信拠点である『GREENable HIRUZEN』に移築したものです。
真庭産材のヒノキを用いたCLTと鉄骨とを編むように組み合わせて作られており、材料の故郷である真庭市で「サステナブル」の象徴として新たに活用されています。
このシンボリックな建築物をモチーフにしたマンホールふたも、建築物のデザインをした隈研吾氏の協力によるものです。

GREENable HIRUZEN 外観

GREENable HIRUZEN 外観

マンホールの設置個所

マンホール 入口付近
GREENable HIRUZEN入口付近
(横断歩道を渡ってすぐ)
マンホール 風の葉内
GREENable HIRUZEN内『風の葉』内

マンホールカードの発行

このたび製作したデザインマンホールをもとに、真庭市として初となる「マンホールカード」を発行し、令和3年8月17日(火)より配布をスタートします。

※下記リンクより詳細をご確認ください。

GREENable HIRUZEN ホームページ

地図