ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総合政策部 > 交流定住推進課 > 安全安心で豊かな真庭をつくっていくために
「地域自治振興拠点」
「未来づくりセンター」

本文

安全安心で豊かな真庭をつくっていくために
「地域自治振興拠点」
「未来づくりセンター」

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0055138 更新日:2022年3月1日更新

「安全安心で豊かな真庭市づくり」
それは今を生きる私たちのためであり、
 未来への責任です。

今や、地域づくり(地域自治)の考え方や取り組み方も多様に

地域を未来に引き継いでいくため、地域の皆さんと取り組んできたのが「地域づくり(地域自治)」です。

これまでの地域づくりといえば、地域を構成する自治会や地域コミュニティ組織など、「地縁のつながりで構成された組織」中心に行われてきましたが、社会の変化による価値観の多様化、あるいは少子高齢化や人口減少などにより、継続が難しくなってきている組織が増えています。

しかし一方では、「真庭で何かやりたい」「真庭の役に立ちたい」という思いを持った人同士がつながり、市民団体を立ち上げたり、定住はしていなくても関係人口として活動する人が増えるなど、地縁の枠組みにとらわれない活動が増えていますし、最近では「地縁の組織と市民団体や関係人口の連携」も活発になってきています。

地域自治振興拠点、みらいづくりセンターとはこんなところ

今回の地域自治振興拠点及びみらいづくりセンターは、おおむね旧・小学校区を基本単位として、年齢や性別に関係なく、多様な人材が集まり、地縁による組織と力を合わせて課題解決を図っていくための活動(=地域自治)を応援するため制度です。

‣自由な発想で  →年齢性別関係なし!みんなが主役!発言や活動の場が平等に与えられる
‣柔軟な活用で  →利用目的や用途が制限されない
‣「ごちゃまぜ」で →地縁や目的に関係なく、関わり、活用できる
‣多機能な       →空間の共有だけでなく、交流や繋がり、そして連携により活動そのものが多機能化していく

そんな施設を想定しています。

みらい についてかんがえるきっかけにも

ある高校生が教えてくれました

「若い者が次世代ではない ”未来を考えて行動できる人”が年齢に関係なく次世代だ」と。

こうした地域自治振興拠点、あるいはみらいづくりセンターから、真庭の未来を考えた活動が活発になり、次世代人材が増えていくことを願っています。

 

詳しくは、以下のガイドラインをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?