ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総合政策部 > 交流定住推進課 > 新婚さんバックアップ事業補助金をご利用ください!!

本文

新婚さんバックアップ事業補助金をご利用ください!!

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0024021 更新日:2020年4月1日更新

真庭市での新婚生活を応援します!

対象となる新婚世帯

次の要件をすべて満たす世帯です
・令和2年1月1日から令和3年3月31日までに婚姻届が受理された新婚世帯
・補助金の申請および交付の日において真庭市に住民票のある世帯
・婚姻日において夫婦ともに50歳未満
・夫婦の令和元年分(平成31年分)の所得の合計額が430万円未満の世帯(注)
※貸与型奨学金を返済している場合は令和元年中の返済額を所得から控除できます
※結婚を機に双方または一方が離職した場合は、離職した者の所得はなしとして夫婦の所得を算出します。
(注)「夫婦の所得430万円」を年収に換算すると、約600万円程度
・真庭市税の滞納のないこと

対象となる経費

対象となる経費は令和2年1月1日以降に支払いをした以下のものです
・新規の住宅取得費用
・新規の住宅賃貸費用
(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料等)
・結婚に伴う引越し費用
(引っ越し事業者、運送事業者に支払ったもの)
・自宅の改修費用(居住部分に限る)
※すべて結婚を機に契約もしくは工事したものに限ります
※市の他の制度による補助、国県その他の補助を受けていないもの

補助上限額

・合計額での上限額
 初年度30万円
 次年度以降 住宅費のうち賃貸に係る経費のみ 10万円
 (初年度を含む3か年度)
・自宅の改修費用については上限額10万円とする

申請期間 令和3年3月19日 金曜日まで

提出書類

申請状況に応じて下記の書類をご提出ください

共通
・真庭市新婚さんバックアップ事業補助金交付申請書
・戸籍謄本や婚姻証明書等の婚姻の日が確認できる書類
・住民票の写し(世帯全員分で続柄のわかるもの
・令和元年分所得証明(平成31年分)
※結婚を機に離職した場合は離職票もしくは離職のわかる書類
・真庭市税完納証明(申請者および配偶者のもの)
・補助申請する経費の支払いのわかる書類
(領収書・通帳の写しなど)

それぞれの場合に必要
・売買契約書もしくは賃貸借契約書(住宅取得・賃貸住宅の費用の場合)
・住宅手当証明書(賃貸住宅の家賃の場合)
・引越し費用の見積書(引越し費用)
・改修費用の内訳書(改修費用)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)