ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 高齢者支援課 > 令和3年度介護保険料特別徴収ついて

本文

令和3年度介護保険料特別徴収ついて

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0041595 更新日:2020年4月9日更新

介護保険料の特別徴収が始まります

 4月支給の年金から令和3年度介護保険料の特別徴収(仮徴収)が始まります。この特別徴収の対象になるのは、既に特別徴収で納めている人と令和2年4月2日から令和2年10月1日までに被保険者になった人です。

特別徴収

(1) 保険料の納め方
年金から介護保険料が差し引かれます。令和3年度の保険料は6月に決定(本算定)します。8月分は本算定により増減し、10月分から2月分は年間保険料から既に納めた保険料を除いた額を3回に分けて納めて頂きます。(表1)

(表1)
4月 6月 8月 10月 12月 2月
仮徴収 本徴収
今年2月の保険料と同額

本算定により増減

(保険料年額-仮徴収)÷3



(2) 特別徴収の開始時期
開始時期は、介護保険の被保険者となる時期によって異なります。(表2)
それまでの間は普通徴収(納付書または口座振替での納付)となります。



(表2)
開始時期 介護保険第1号被保険者となった日
4月 令和2年4月2日~10月1日
6月 令和2年10月2日~12月1日
8月 令和2年12月2日~令和3年2月1日
10月 令和3年2月2日~4月1日

 普通徴収

普通徴収の納期は6月から翌年3月までの10回で、納付書または口座振替での納付となります。本算定後の6月中旬に納付書を送付します。