ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 高齢者支援課 > 認知症介護家族交流事業in真庭市

本文

認知症介護家族交流事業in真庭市

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0034396 更新日:2020年10月30日更新

認知症は誰でもなる身近な病気です

 認知症は、さまざまな原因で脳の働きが悪くなって記憶力や判断力が低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を言います。
 交流会では、最近社会的な問題になっている高齢運転者の免許更新や、若年性認知症について話題提供していきます。
 また、実際に在宅で認知症の家族を介護された体験談を2人の方に発表していただきます。
 認知症について理解を進め、当事者の方や介護者の方を地域全体でサポートしていくために、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。 

(日時)令和2年11月29日(日曜日) 13時30分~15時30分
(会場)落合総合センター
(内容)●講演「高齢運転者の免許更新について」
       講師 岡山県警察本部 交通部理事官 池田 浩己 氏
    ●講演「若年性認知症を含む認知症の理解」
       講師 認知症の人と家族の会岡山県支部代表 安藤 光徳 氏
    ●私の介護体験談 

(定員と申し込み方法)
    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため先着100名とさせていただきます。添付のチラシ裏面の申込書に記入の上、真庭市地域包括支援センターまでFaxか電話でお申し込みください。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)