ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 健康推進課 > (4)予診票

本文

(4)予診票

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0041140 更新日:2021年3月25日更新

問4-1 予診票は必ず書かないといけないの?

  •  予診票は、医師が、接種を受けに来た人の状態を最終確認をするとともに、本人が接種を希望し、同意したことを確認する非常に大事な書類です。予診票がなければ、医師はワクチンを打つことができません必ず書きましょう
  •  また、予診票は、接種を希望する本人が、自分の状態を確認することにも役立ちます。ご自身のためにも、内容をよく確認して記入しましょう。
  •  なお、今後、住民票のある住所に接種券が届きますが、同じ封筒に、予診票と、予診票の記入例が入っています記入に際しての注意事項が書いてありますので、必ず確認の上、医療機関に行く前に書いておきましょう

 予診票・記入例は同封

問4-2 予診票は、当日、医療機関で書けばいいの?

  •  問1-4でも触れたように、現在、日本国内で承認されているコロナワクチン「コミナティ」は、その日に医療機関で接種するワクチンの準備が整ってから6時間以内に打たなければ、廃棄しなければいけない、という厳しい制約があります。
  •  このため、予診票を事前に書かずに医療機関へ行ってしまうと、接種までの間に時間がかかってしまい、最悪の場合、接種できなかったワクチンを捨てざるを得なくなってしまいます
  •  廃棄するワクチンの量が増えれば増えるほど、ワクチン接種を待っている人たちの接種が遅れることになります。皆様のちょっとしたご協力があれば、貴重なワクチンを無駄にせずに済みます。予診票は、必ず事前に記入してから、医療機関に向かっていただきますよう、御協力をお願いします

                ワクチンに厳しい時間の制約

問4-3 予診票には、接種券(クーポン券)のどのシールを貼ればいいの?

  •  接種券は自分で勝手に貼ってはいけません。予診票の記入例にもあるように、接種券のシールは、医療機関が貼りますので、市民の皆様は、剥がさずそのまま医療機関にお持ちください

 

  【予診票記入例より】 予診票記入例はこちら [PDFファイル/985KB] ←クリック!

   接種券のシールは勝手にはがさない

問4-4 予診票を紛失・汚損してしまった!どうすればいい?

  •  予診票を紛失・汚損してしまった場合は、真庭市ホームページから、ご自身でダウンロードすることが可能です。
  •  また、真庭市役所本庁舎健康推進課または各振興局でも配布していますので、お越しください。
  •  なお、接種を行う各医療機関でもお渡しすることはできますが、問4-2でも触れたとおり、予診票は事前にご記入いただくことをお願いしております。可能であれば、事前に予診票を手に入れて、記入してから医療機関に行くようにしましょう

 予診票の紛失・汚損

 ★予診票はここからダウンロード! [PDFファイル/430KB] ←クリック!

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)