ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 健康推進課 > 新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる健康づくり~【身体活動・栄養・睡眠編】

本文

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる健康づくり~【身体活動・栄養・睡眠編】

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0027817 更新日:2020年4月21日更新
 新型コロナウイルス感染症への対策として次の3つが大切とされています(首相官邸ホームページより)。
(1)手洗い
(2)普段の健康管理
(3)適度の湿度を保つ

 ここでは、普段の健康管理のための身体活動(運動)・栄養・睡眠に関するワンポイントを紹介します。
 
●身体活動(運動)について
 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、身体活動量の減少が心配されております。人混みを避けての屋外での散歩、真庭版ラジオ体操等で身体を動かしましょう。

●栄養について
 栄養バランスに気をつけましょう。主食(ごはん、パン、麺等)、副菜(野菜、きのこ、いも、海藻等)、主菜(肉、魚、卵、大豆料理)、牛乳・乳製品、果物をまんべんなく食べましょう。水分も意識して摂取しましょう。糖尿病、高血圧、腎臓病等で食事の制限がある方は、医師の指導内容に従ってください。

●睡眠について
 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。若年世代は夜更かしを避けて、体内時計のリズムを保ちましょう。勤労世代は疲労回復や能率アップに毎日の十分な睡眠をとりましょう。さらに、熟年世代は朝晩のメリハリをつけ、昼間に適度な身体活動でよい睡眠をとりましょう。