ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 健康推進課 > 4月は20歳未満飲酒防止強調月間です

本文

4月は20歳未満飲酒防止強調月間です

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0025117 更新日:2020年3月30日更新

お酒は20歳になってから

4月は20歳未満飲酒防止強調月間です。

2022年4月から民法の成年年齢は18歳に引き下げられますが、お酒に関する年齢制限は20歳のままです。

未成年飲酒禁止法は、約100年前(大正11年3月)に定められています。

満20歳未満の飲酒禁止には、理由があります

  1. 脳機能を低下させます。
  2. 肝臓をはじめとする臓器に障がいを起こしやすくなります。
  3. 性ホルモンの分泌に異常が起きる恐れがあります。
  4. アルコール依存症になりやすくなります。
  5. 20歳未満の人を守るために、飲酒を禁じる法律があります。

~相談機関・相談窓口・カフェなど~

健康に関する一般相談窓口

  • 真庭市健康推進課(保健師) Tel0867-42-1050
    各振興局(保健師)
  • 真庭保健所(保健師) Tel0867-44-2990

お酒の悩み相談、アルコールと健康カフェ(問合せ先)
 真庭市健康推進課 Tel0867-42-1050

ご案内

お問合わせ先 健康推進課
電話番号 0867-42-1050
Fax番号 0867-42-1388

関連リンク

国税庁『20歳未満飲酒防止強調月間』<外部リンク>

満20歳未満がお酒を飲んではいけない5つの理由<外部リンク>

お酒について知っておきたいこと<外部リンク>

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)