ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 健康推進課 > 真庭市不育治療費助成について

本文

真庭市不育治療費助成について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001996 更新日:2019年12月12日更新

不育治療費の一部を助成しています。

 助成は、医療保険対象外の不育治療費の一部です。

 子どもを希望しながらも不育症のため、子どもを持つことができない夫婦が、医療保険対象外の不育治療を受けた場合、治療費の一部を助成します。

 2人目以降の妊娠にも助成します。

≪対象≫ 次の条件すべてを満たす人

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 申請日において真庭市民であり、1年以上真庭市に住所を有する予定の人
  3. 日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医で不育症と診断され、その治療を受けた人

≪助成内容≫

 医療保険対象外の不育治療費について、年度内に30万円を上限に助成します。
 (治療が2年度にわたる場合は、1治療期間終了後の申請となります。)
*治療終了後、6か月以内に申請をしてください。

≪申請の際に必要な書類≫

  1. 真庭市不育治療支援事業助成金交付申請書兼請求書
  2. 真庭市不育治療支援事業医療機関証明書
  3. 不育治療を受けた者の世帯全員の続柄・本籍地・筆頭者のある住民票の写し
  4. 不育治療に係る医療機関発行の領収書の写し
    *住民票で婚姻関係が確認できない場合のみ、不育治療を受けた人の発行3か月以内の戸籍抄本が必要

≪お問い合わせ先≫

 健康推進課、各振興局地域振興課

関連リンク

岡山県不妊専門相談センター 不妊・不育とこころの相談室<外部リンク>

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)