ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総合政策部 > 総合政策課 > 真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務におけるプロポーザル

本文

真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務におけるプロポーザル

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0061524 更新日:2022年7月22日更新

真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務の受託事業者選定にかかる公募型プロポーザルを実施します

業務概要

目的

本業務は、真庭市における、データに基づく科学的な政策立案・行政経営の実現、これによる地域課題の解決・住民サービスの向上を目指し、本市におけるデータ利活用環境の現状と課題を把握し、データ利活用推進に必要な事項を整理し、方針を策定することを目的とする。

業務名 

真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務

業務内容

「真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務仕様書」のとおり

但し、業務仕様書はこの業務の事業候補者選定を行うためのものであり、事業候補者から提出された企画提案により、双方協議のうえ、一部変更することもある。

業務期間

契約締結日~令和5年(2023年)3月31日

業務に要する費用(予定価格)

3,300,000円(消費税及び地方消費税含む)

調査研究報告書の作成に係る費用の見積りを提出すること。

審査基準及び配点

プロポーザルは実施要領所載の審査基準に基づき、下記配点で審査する予定です。

(1) 事業者の評価 30/130点

(2) 提案内容の評価 100/130点

日程

  • 公示 令和4年7月22日(金)

  • 質問受付締切 令和4年8月3日(水) 15時まで

  • 質問回答 令和4年8月8日(月)

  • 参加表明書の提出締切 令和4年8月12日(金) 15時00分まで

  • 企画提案書等受付締切 令和4年8月22日(月) 15時00分まで

  • 第1次審査 令和4年8月24日(水)(予定)

  • 第2次審査 令和4年8月29日(月)(予定)

  • 結果通知 選定審査後、速やかに通知する

  • 契約締結 最優秀提案者と協議のうえ締結する

関連書類

 ・【実施要領】真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務 [PDFファイル/649KB]

 ・【仕様書案】真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務 [PDFファイル/456KB]

 ・【様式集】真庭市データ利活用推進に向けた調査研究業務 [PDFファイル/354KB]

 ※真庭市入札参加資格者名簿に未登録の場合、以下書類も提出要

 ・入札参加資格審査申請書【役務】 [Excelファイル/207KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)