ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総合政策部 > 総合政策課 > 指定管理施設の平成30年度事業実施結果について

本文

指定管理施設の平成30年度事業実施結果について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001063 更新日:2019年12月12日更新

指定管理施設の平成30年度の実績の概要と評価結果を公開します

 指定管理施設については、指定管理者が毎年度終了後、事業報告書を作成し提出することとなっており、また、その報告書等を元に当該施設の管理運営状況について、施設の設置者である本市が確認し評価することとしています。当該施設ごとに「事業報告概要書」及び「指定管理業務評価書」を作成し取りまとめた結果を公開します。詳しくは、添付ファイルをご覧下さい。

 これまでに、市民の皆さんが利用するスポーツ施設や文化施設などの公の施設の管理は、市が直接運営するほか、市の出資法人、公共的団体のみが行うことができましたが、指定管理者制度は、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上、経費の節減等を図ることを目的として、民間事業者などを含めた法人、その他の団体でも管理を行うことができる制度です。

 本市の指定管理者制度導入の基本的な考え方から募集、選定、指定管理実施までの内容について、『真庭市指定管理者制度運用ガイドライン』として策定し公表しておりますので、あわせてご覧ください。

関連書類

平成30年度指定管理施設の事業実施結果に関する資料[PDFファイル/6.57MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)