ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 市長直轄組織 > 危機管理課 > 感染症対策に重点を置いた避難所の開設運営訓練を実施しました

本文

感染症対策に重点を置いた避難所の開設運営訓練を実施しました

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0040946 更新日:2021年3月17日更新

例年の「総合防災訓練」の代替として実施

毎年実施していた「総合防災訓練」を新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、訓練内容を「避難所開設運営訓練」に変更して、市内全地域で実施しました。

避難所開設運営訓練とは

「避難所開設運営訓練」とは、自主防災組織を中心とした避難所の開設・運営に重点を置いた訓練です。
避難所開設運営訓練を実施することで、「地域住民、施設管理者」とが連携し、防災意識の高揚と地域防災力の向上を図ります。

本来であれば、地域住民の方など大勢の方々に参加していただきたい訓練ですが、新型コロナウイルスの影響により、規模を縮小し、参加者を地域の自主防災組織の方々に限定して実施しました。
これまでの避難所開設運営の考え方に感染症対策もありましたが、今回は、新型コロナウイルス感染症対策に重点を置いた内容での訓練として実施しました。

地域ごとの7会場で訓練実施

地域ごとに行った避難所開設運営訓練は以下のとおりです。(クリックでページが移動します)

北房地域(令和2年11月15日実施 北房B&G海洋センター)

落合地域(令和3年2月21日実施 落合体育館)

久世地域(令和3年1月24日実施 草加部小学校)

勝山地域(令和2年12月6日実施 富原小学校)

美甘地域(令和3年3月7日実施 美甘健康増進施設)

湯原地域(令和3年2月21日実施 湯原振興局)

蒜山地域(令和3年2月21日実施 中和保健センターあじさい)