ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 健康福祉部(真庭市福祉事務所) > 子育て支援課 > ひとり親世帯臨時特別給付金支給事業

本文

ひとり親世帯臨時特別給付金支給事業

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0032130 更新日:2020年7月10日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により、ひとり親世帯が子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより、特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、臨時特別給付金を支給します。

支給には、「基本給付」と「追加給付」があります。

基本給付

給付の対象となる方

(1) 令和2年6月分の児童扶養手当受給者
(2) 公的年金等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けていない方
(3) 申請時点で、児童扶養手当受給者であり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど直近の収入が減少した方

 

給付額 

1世帯 50,000円 第2子以降1人につき30,000円加算

 

手続き

(1)に該当する方

・申請は不要です
・令和2年7月31日に児童扶養手当を支給している口座に振り込む予定です

(2)または(3)に該当する方

・申請が必要です
・申請書に必要事項を記載して、添付書類とあわせて提出してください
・申請期間は、令和2年8月3日(月曜日)から令和3年2月26日(金曜日)です
・提出された申請書から、給付金の支給要件に該当するか判断し、出来るだけ早くに指定口座に振り込みます

【添付書類の例】

(共通)
・申請書の本人確認ができる書類の写し
・振込先の口座番号等がわかるもの(通帳の写し、キャッシュカードの写し)
・戸籍謄本または、抄本(既に児童扶養手当の受給資格の認定を受けている場合は不要)

(2)に該当する方
・上記(共通)に加え
 年金振込通知書等の収入額がわかるもの
 平成30年中の収入(所得)を証明する書類
(3)に該当する方
・上記(共通)に加え
 令和2年2月以降の任意の1か月の収入がわかる給与明細書等

追加給付

給付の対象となる方

基本給付(1)または(2)に該当する方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し収入が減少した方

給付額

追加給付:1世帯50,000円

 

手続き

・申請が必要です
・新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変したことについて、収入が減少している旨の申し出をしていただきます。児童扶養手当の現況届等の際に、申し出をしてください
・申請内容を確認し、基本給付と同じ口座に、出来るだけ早くに振り込みます

その他

・この事業について、広報真庭8月号に掲載予定です。