ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 生活環境部 > 環境課 > ごみでモニュメント「真庭のシシ」 蒜山振興局で展示中

本文

ごみでモニュメント「真庭のシシ」 蒜山振興局で展示中

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0022403 更新日:2020年8月6日更新

現在の展示場所は → 蒜山振興局

真庭市では、ごみの減量化・再資源化を行う「持続可能な廃棄物処理のしくみづくり」を目指しています。
市民のみなさんの「ごみ」への関心を高め、今後の廃棄物処理について一緒に考えていただくため、現代アート作家「淀川テクニック」にアート作品を制作していただきました。

真庭のシシ 蒜山振興局

「真庭のシシ」は現在、真庭市蒜山下福田の「蒜山振興局」へ展示をしています。(真庭市蒜山下福田305)
※見学は無料です。屋外での展示ですのでいつでもご覧になれます。
※夜間のライトアップはしていません。

モニュメントの概要

制作者:現代アート作家「淀川テクニック」

材 料:真庭市内の一般家庭から出された「ごみ」(プラスチック、金属類など)

大きさ:全長約5m×全幅約2m×全高3m

完 成:2018年11月

 

淀川テクニック

柴田英昭(しばたひであき、1976年岡山県真庭市生まれ)のアーティスト名。

2003年に大阪・淀川の河川敷を拠点として活動開始。

現在は様々な場所のごみや漂流物を材料に作品制作やワークショップを行っており、小学校や中学校の美術の教科書でも紹介されている。

玉野市宇野港に常設展示されている「宇野のチヌ」が特に有名


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?