ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 生活環境部 > くらし安全課 > 5月は消費者月間です

本文

5月は消費者月間です

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0056560 更新日:2022年5月1日更新

自分で考える消費者に

2022年4月1日から成年年齢が引下げられ、18歳から大人となりました。

周囲の大人も含め、今回の成年年齢の引下げをきっかけにして「自分で考える消費者」を目指しましょう。

通信販売トラブルにご注意

「1回だけのつもりが定期購入だった」、「代金を支払ったのに商品が届かない」などの相談が寄せられています。

通信販売はクーリング・オフできません。

取引条件、申込・確認画面をしっかり読んでトラブルを防止しましょう。

真庭市内でも還付金詐欺が確認されています

市役所職員を装い、「介護保険料の還付金がある」と電話で持ちかけ、ATMへ誘導・操作させ、

現金を振り込ませる手口の特殊詐欺が市内でも確認されています。

市役所が電話で口座番号を聞いたり、ATMの操作をお願いしたりすることは絶対にありません。

お問い合わせ・ご相談はこちら

不審な電話がかかってきた場合や、契約についてトラブルになった場合は、真庭市消費生活センターまでご相談ください。

  真庭市消費生活センター

    相談時間 9:00~12:00、13:00~16:00 (毎週月~金)

    電話番号 0867-42-1172

 

業者が勝手に家に上がろうとしたり、居座って帰ろうとしない場合は、真庭警察署に連絡しましょう。

  真庭警察署

    電話番号 0867-44-6610

 

外部リンク

18歳から“大人” 18歳・19歳に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選<外部リンク><外部リンク>

2020年度にみる60歳以上の消費者トラブル-コロナ禍で、通信販売の相談件数は過去最高に<外部リンク><外部リンク>

還付金詐欺に注意 ATMで還付金はもらえません<外部リンク><外部リンク>

 


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?