ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 生活環境部 > くらし安全課 > 真庭市防犯灯設置費補助金について

本文

真庭市防犯灯設置費補助金について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001758 更新日:2019年12月12日更新

自治会が設置・更新する防犯灯に対し、経費の一部を補助します

 真庭市では、夜間の犯罪や事故等を未然に防ぐため、自治会が設置・更新する防犯灯に対し、経費の一部(3分の1以内・1基あたり上限8,000円)を補助します。

 設置を希望する自治会の代表者の方は、補助金交付申請書に見積書及び設置場所の位置図を添えて、真庭市くらし安全課または各振興局の地域振興課へご提出ください。

補助要件

  • 設置・更新する防犯灯は、光源がLEDである照明灯とする
  • 基数は、同一年度1自治会あたり10基以内とする
    (令和3年度までは10基以内とし、その後は4基以内とする)
  • 補助金を受けた防犯灯は、交付年度の翌年度から10年間は対象にならない
  • 設置後の維持管理費(電気代・修繕料等)は、自治会の負担とする
  • 補助金額は、対象経費の3分の1以内とし、1基につき8,000円を限度とする(100円未満切り捨て)

補助金申請に係る事務の流れ

  1. 補助金申請書に見積書、位置図を添付して提出
    ※交付決定通知書を送付しますので、その後発注する(事前着工は認められません)
  2. 自治会より業者に防犯灯を発注
  3. 業者が設置予定場所に防犯灯を設置
  4. 自治会から業者に防犯灯代金の全額を支払う
  5. 業者から領収書を受領
  6. 補助事業実績報告書に領収書(写し)、完成写真を添付して提出
  7. 後日、市から指定口座に補助金の支払いを行う

関連書類