ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 総務部 > 財産活用課 > 建設工事及び測量、建設コンサルタント業務等における最低制限価格の決定方法について

本文

建設工事及び測量、建設コンサルタント業務等における最低制限価格の決定方法について

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0001516 更新日:2019年12月12日更新

真庭市では、平成24年4月1日以降の電子入札システムによる入札から、市長が定める最低制限価格算出の基準率と業者が入札金額登録時に入力する3桁の数字と到着ミリ秒の合計(決定くじ番号)を使用して最低制限価格を決定しています。

 平成24年4月1日以降の電子入札システムによる入札から、市長が定める最低制限価格算出の基準率と業者が入札金額登録時に入力する3桁の数字と到着ミリ秒の合計(決定くじ番号)を使用して最低制限価格を決定しています。
 最低制限価格の算定方法は下記のとおりです。

  • 建設工事
    最低制限価格(税抜)=予定価格(税抜)×(市長が定める最低制限価格算出の基準率+Xの下2桁×0.0001) <千円未満切捨て>
  • 測量、建設コンサルタント業務等

※開札日が平成25年6月30日以前の案件
最低制限価格(税抜)=予定価格(税抜)×(市長が定める最低制限価格算出の基準率+Xの下2桁×0.0001) <千円未満切捨て>

※開札日が平成25年7月1日以降の案件
最低制限価格(税抜)=予定価格(税抜)×(市長が定める最低制限価格算出の基準率+Xの下2桁×0.0003) <千円未満切捨て>

X=入札者全員の決定くじ番号の和

なお、最低制限価格の算定例は別添のとおりです。

ご案内

お問合わせ先 真庭市総務部管財課
電話番号 0867-42-1174
Fax番号 0867-42-1988
メールアドレス kanzai@city.maniwa.lg.jp

関連書類

最低制限価格の算出例[PDFファイル/18KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)