ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 湯原中学校 > 校内研修 > 研究授業 > 令和2年度 湯原中学校 研究授業(道徳) 

本文

令和2年度 湯原中学校 研究授業(道徳) 

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0039740 更新日:2021年2月15日更新

令和2年度 湯原中学校

 2月10日(水)5校時、1年生を対象とした道徳の校内研究授業を行いました。主題名「共生社会の実現を目指して」、内容項目「国際理解」、ねらい「外国人と共に生活する場面を通して課題解決・集団づくりを行い、多文化の理解を深める。」、本時の目標は「外国人との共生の在り方について考えることができる。」という授業展開がされました。その日の放課後、校内研修で研究協議を行いました。

「本時資料の状況設定」を説明中

状況説明

「自分の考え」を記入する時間

自分の考えを

「役割分担」協働的な学びがスタート

役割分担

「学びボード」を利用して「ランキングの根拠」について討論

話し合い活動

各グループで似たような意見が出ました

意見

各グループの代表者が発表しました

代表者の発表

放課後行った「研究協議」の様子

研究協議

湯原プロジェクト学習(湯原学講座)