ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 湯原中学校 > 校内研修 > コンプライアンス研修 > 令和2年度 湯原中学校 不祥事防止研修(わいせつ・情報漏洩)

本文

令和2年度 湯原中学校 不祥事防止研修(わいせつ・情報漏洩)

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0038958 更新日:2021年1月21日更新

令和2年度 湯原中学校

不祥事防止研修(わいせつ・情報漏えい)

 3学期は、コンプライアンス推進員に変わり、20代の若手教員が担当者となり研修を行っています。今回は不祥事防止(わいせつ・情報漏えい)に向けて「グループ協議」を行いました。3人が一つのグループとなり、役割分担に応じて「過去にあった事例と原因」について考え、「湯原中学校の情報管理の合言葉」をグループで、ひとつ創り職員室に掲示しました。
 年度末に向けて情報管理を徹底して、職員全体の目で確認して、不祥事根絶に向けて努力していきます。

今回のコンプライアンス担当は「山崎先生」過去のニュースで啓発

今回の担当は「山崎先生」過去のニュースより啓発を

わいせつ事案から「担当が変われば視点も変わって、同じ内容の研修も新鮮でした」

わいせつ事案

各グループ(3人)で役割分担後、ヒヤリハットの体験談を共有

1グループ3人で役割分担

ヒャリハットの原因は何か、情報管理の「合い言葉は」

ヒャリハットの原因は何か・・今後の情報管理に向けて「合い言葉は」

各グループで考えた「情報管理の合い言葉」不祥事の未然防止に向けて

情報管理の合い言葉

湯原プロジェクト学習(湯原学講座)