ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 川東小学校 > お知らせ<外部リンク> > 子どもの様子<外部リンク> > R2川東小  高齢者疑似体験(6年福祉学習)

本文

R2川東小  高齢者疑似体験(6年福祉学習)

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0039682 更新日:2021年2月12日更新

R2川東小   高齢者疑似体験で、お年寄りのことを考えました。

社会福祉協議会の方に来ていただいて、高齢者の身体的な特徴を体験することで、心も考える学習をしました。

なかなか想像するのは難しいのですが、視野が狭くなるゴーグルや聞こえにくくなるヘッドホン、足腰が上手く使えない状態を感じながら、階段を降りて職員室までの往復をしました。階段は、かなりしんどく感じた人もいました。見えにくくて不安になる人もいました。手袋をはめてペットボトルを開けようとしても、なかなか開きませんでした。

介助する立場になると、何をしてあげるとその人が望むようにできるのかを考えることができたようです。体験から知ることができる貴重な学習でした。

1月に認知症サポートキャラバンの方に来ていただいたときの学習を思い出した人も多くいました。ひとつでも少しでも自分にできることなら、そっと声をかけて手伝いができるといいと思います。

装着  体験


お知らせ<外部リンク>