ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 川東小学校 > お知らせ<外部リンク> > 子どもの様子<外部リンク> > 川東小 校長杯第1回百人一首大会

本文

川東小 校長杯第1回百人一首大会

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0031927 更新日:2020年7月6日更新

熱戦! 川東小学校 第1回百人一首大会

7月2日青龍戦(青札の部)  7月3日桃香戦(桃札の部)

今年の百人一首大会も、激戦でした。本戦でのトーナメント戦では、校長先生が詠み上げる札を、最後まで聞かずに、あちこちから「はい!」という声が響いていました。札に向かう表情は真剣そのもの。応援に来ているギャラリーも手に汗握る様子でした。接戦で勝ち、思わずガッツポーズの子、悔しくて涙をにじませる子、自分のことのように応援する子、どの子も一生懸命の姿でした。

決勝リーグで、5年生に対して堂々と対戦する低学年の子もとてもたくましかったです。

決勝リーグ  桃香戦

日々、覚えた句を休み時間には職員室で聞いてもらい、すらすら言えるまで何度も挑戦しています。1回ではごうかくできなくても、何度もチャレンジチャレンジです。1年生もずいぶん覚えました。

職員室で

各クラスで予選会を行います。学活の時間を使って、熱い戦いが繰り広げられます。予選といえども、真剣でピリッとした空気が漂っています。

6年予選会

今回は5年生が総合優勝でした。他の学年は、次こそはとすでに燃えて、今日も覚えた句を聞いてもらいに職員室に来ています。


お知らせ<外部リンク>