ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 川東小学校 > お知らせ<外部リンク> > 子どもの様子<外部リンク> > 川東小 6年生 意見文を聞いてもらおう

本文

川東小 6年生 意見文を聞いてもらおう

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0030786 更新日:2020年6月12日更新

川東小  国語授業「時計の時間と心の時間」で意見文を先生に聞いてもらいました

今年度も国語科の授業づくりを研究しています。

テーマを「主体的に取り組み 伝え合い学び合う児童の育成」として説明文を読むことで使える力を身に付けられる授業づくりに取り組んでいます。

先日、6年生が「時計の時間と心の時間」を読んで、筆者の考えに共感するところについて、意見文をまとめました。

意見文をまとめた意見書

 

説得力ある意見文が完成しているのかどうか、校内の先生方に聞いてもらいました。先生方に、確かに伝わるように、構成はもちろん事例も練り、話し方も工夫して伝えました。先生方から、賞賛の言葉とアドバイスをもらい、満足した6年生でした。

意見文を読んで伝える6年生 

振り返りシートが役に立ち、友達との交流も楽しかったそうです。


お知らせ<外部リンク>