ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 川東小学校 > お知らせ<外部リンク> > 行事<外部リンク> > 川東小 学校公開日1月25日の活動

本文

川東小 学校公開日1月25日の活動

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0022897 更新日:2020年1月27日更新

川東小 地域の方をゲストティーチャーとして学校公開日

多くの方に参観していただきました。

昔遊びを教えてもらいました。

2年生は、昔遊びに挑戦しました。けん玉、あやとり、まりつき、羽根つき、こま、竹馬、お手玉などなど。たくさんの遊びを教えてもらったり、一緒にしたりしました。おじいちゃんおばあちゃんはとても上手でした。地域の方が、くす玉でっぽうを作ってくださいました。とっても楽しくて何度も何度も飛ばしました。

七輪体験をしました。

3年生は、昔の道具について学習しています。七輪で炭をおこしてお餅を焼きました。昔にタイムスリップです。マシュマロも焼いてみました。炭火で焼くとこんなにおいしいのです。そして、温かいのです。おいしくて楽しい体験でした。

ヨシ(葦)を使って環境学習をしました。

4年生は、総合的な学習で環境について学んでいます。この日は、地域にお住まいの(株)八光様からお二人来ていただいて、児島湖の環境について教わりました。そして、児島湖で生息しているヨシ(葦)を使って、実際に笛や壁飾りを作りました。とっても身近な環境保全を考えるのに、とても役立つお話でした。

米作りについて調べたことを発表しました。

5年生は、春から米作りの学習をしています。地域のボランティアの方にとてもお世話になって、もみまき、田植え、稲刈り、脱穀と作業を一緒にしてくださいました。12月には、お世話になった方を招待しておむすびなどで感謝の会を開きました。ずっと体験してきた米作りのことをグループごとに調べて発表しました。

真庭市の未来像を考えてプレゼンしました。

6年生は、国語で学習したコミュニティーデザインをもとに、真庭市の宝になりそうなことを探して、未来の豊かな真庭市を描いてみました。廃校活用や森林資源の活用など、とても楽しみな真庭が見えます。グループでまとめてプレゼンテーションをしました。たくさんの人に見ていただきました。


お知らせ<外部リンク>