ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

北房小5年 墨絵体験教室

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0060590 更新日:2022年6月29日更新

 6月29日(木曜日)、北房小学校5年生が墨絵体験を行いました。外部講師に武藤順九先生をお招きし、6mの巻紙に墨絵を描きました。

 最初、武藤先生は、墨の魅力や日本の伝統文化などについてお話しくださいました。普段、書写の時間に使っている習字道具ですが、昔からある日本の道具の素晴らしさや良さについて聞く中で、児童がだんだんと真剣な表情になっていきました。そのうち、武藤先生が「すばらしいでしょ?」と尋ねると「はい!」と大きな張りのある声で返事をしていて、引き込まれていく様子がよくわかりました。

墨絵2  墨絵3  墨絵4

 墨絵では、「はっぱの一生」を描きました。武藤先生は、『想像しよう』ではなく『みんなは、今から葉っぱです。どんな一生かな?』と問いかけられ、思ったことを絵に表すといいこと、正解はないこと、描けないならそれでもいいことなどを教えてくださいました。すると、どの児童も自然と筆が動き、思い思いの「一生」を描いていました。

墨絵4  墨絵5  墨絵6

墨絵7  墨絵9  墨絵10

墨絵11  墨絵12  墨絵13

 最後には、武藤先生のサインと判をいただき完成でした。体育館の2階へ上がり、自分のできあがった作品を見て、お互いに「おお、すげ~」と声が出ていました。

墨絵13  墨絵14  墨絵15

 武藤先生から「今日のこの時間にしか描けない作品なんだよ」と声をかけられ、大事そうに持ち帰っていく5年生が印象的でした。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?