ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

北房小 芸術鑑賞会

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0048512 更新日:2021年9月28日更新

北房小学校で28日(火曜日)に芸術鑑賞会を行いました。今回は、とらまる人形劇団の方にお越しいただき、人形劇を観ました。『ききみみ頭巾』というお話で、新型コロナウイルス感染症対策として、3部に分けて開催していただきました。

芸術鑑賞会2  芸術鑑賞会1

芸術鑑賞会3  芸術鑑賞会4

人形劇が終わると、人形をどのように動かしているのか、人はどのように動いているのか、音楽や照明をどのように操作しているのかなど、裏側を説明していただきました。児童からは「忙しそう。腰が痛くなるなあ」「声を変えるのがすごい」などのつぶやきが聞かれました。

芸術鑑賞会5  芸術鑑賞会6

また、実際の人形を触ることもでき、操作方法などを教えていただきましたが、「難しい。頭と手足を別々に動かせない」など、その技術に驚いていました。

芸術鑑賞会7

さらに、児童の質問にも答えてくださいました。児童からは「どのくらいの期間かけて、一つの舞台を作っているのですか」「大変なことはなんですか」「気をつけていることは何ですか」など、それぞれ関心をもったことについて尋ねていましたが、答えてくださるごとに「すご~!」「へえ!」など感嘆の声が漏れていました。感想には、「人形が本物みたいに思えた」「何人もいるように聞こえた」など、新鮮な驚きがあったようです。

 みんなの様子を見て、プロの方の技や本物に触れる機会の大切さを改めて感じました。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?