ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 学校 > 小中学校 > 北房小学校 > お知らせ > 行事の様子 > 北房小6年が税金について学びました

本文

北房小6年が税金について学びました

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0044631 更新日:2021年6月10日更新

 6月10日、真庭税務団体協議会の方にお越しいただき、北房小学校6年生33名が税金について学びました。「税金って何だろう」テキストから学ぶ  税委金のない世界を想像する

 毎日のくらしのいろいろなところで、みんながお金を出し合って社会を支えていることや、税金は誰が納めているのか、またどうやって使い道を決めているのかなどについて教えていただきました。

 まず最初に、『税金のない世界って?』というDVDを見ました。このDVDを見て、児童は、生活しているたくさんのことが税金で成り立っていることに気づけていました。

税金でできているもの調べ  一億円体験

 その後は、税金が使われているものを調べたり、税金の種類や使い道などについて教えてもらいました。最後には、一億円の量や重さを体験させていただきました。

 みんなの安全で豊かなくらしを送るために税金があることを知った6年生でした。