ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 真庭市蒜山郷土博物館 > 『大宮踊り』朗読会のお知らせ

本文

『大宮踊り』朗読会のお知らせ

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0087705 更新日:2024年6月28日更新
小説『大宮踊り』の朗読会を、8月4日(日曜日) 午後1時30分 から蒜山郷土博物館にて開催します。

概要

日時 8月4日(日曜日) 午後1時30分から

場所 蒜山郷土博物館

定員 40 名(入場無料・予約不要)

真庭市立中央図書館でも 8月9日(金曜日)午後7時から 開催予定です

小説『大宮踊り』あらすじ

 田舎の閉塞感に絶望し、都会への駆け落ちを試みる若い男女。蒜山・大宮踊を披露するため開催される民俗芸能大会をチャンスと決めた。
 公演先で偶然出会った人々の苦悩と現実。揺れ動く男女の思い。ふるさとの自然と心、文化の真の豊かさに気づかされるラストシーンは圧巻である。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Facebook<外部リンク>

Twitter<外部リンク>